戦いのシンバル

本屋さんを元気に!書店コンサルタントへと歩みを進めるブログ

個人投資家ってどんな仕事?~FX編~

公務員を辞めて就いた私のもう一つの仕事、それが個人投資家という仕事です。仕事と言っても誰かから報酬をもらうわけではなく、自分のお金を自分で増やすといった感じです。

 

投資というと皆さんどんなイメージをお持ちでしょうか?「なんとなく難しそう」「危ないイメージがある」など、ちょっと距離感を感じる印象をお持ちの方も多いと思います。

 

でも投資とは本来、お金をかけてその対価以上の物を得るという意義があります。そういう意味では、皆さんは何らかの投資を日常で行っています。例えば面白そうな本を見つけて購入した場合などがそうです。その本の価格が千円だとして、皆さんがその本を買うときは千円以上の価値を期待して購入しますよね。その千円を払うことで、楽しい思いだったり、ためになる情報だったりにその千円を変換してそれ以上の価値を得ることを期待していると思います。

 

お金でお金を増やす投資もその意味では同じです。投資と一口に言ってもいろいろな種類があります。有名どころだけでも株式、FX、不動産、金、先物投資信託・・・そのどれもが、「この金額を払えば、それ以上の価値をもたらしてくれるだろう」という期待のもとで成り立っています。

 

私はその中でも株式とFXに投資として取り組んでいます。今日はまずFXについてお話ししたいと思います。

 

FXとはForeign Exchangeの略で、日本語で言うと外国為替取引といいます。世界には日本で使われている「円」の他にも、ドル、ユーロ、ポンド、元、オーストラリアドルカナダドルといった様々な為替が流通しています。そしてその貨幣価値は刻々と変動しているのです。たとえば今この記事を書いている時点の円ドル相場は1ドル110円80銭くらいでしたが、先週あたりは111円10銭くらいでした。その為替の変動幅を狙って利益を稼ぐのがFXです。

 

分かりやすい例で言いますと、1ドル100円の時に1ドル買うとします。それが1ドル110円になったときに勝った1ドルを売れば、110-110=10円の利益となります。

しかし10円では利益というには少額ですし、なにより相場が10円も動くということはほとんどありません。しかしFXでは少ない元手でも一度に数千円~数万円の利益を生むことが可能です。その理由がレバレッジ取引と言われるものです。

 

レバレッジとは日本語では「てこ」という意味ですが、レバレッジ取引とは文字通り「てこ」の原理を利用して持っているお金より多額のお金を取引することができます。その倍率ですが、個人口座なら25倍まであげられます(法人口座なら400倍)。

 

ここでも実例をあげます。手持ちの資金が10万円あるとすると、その25倍の額、つまり250万円分の取引をすることができます。実際の取引では1万通貨ごとの単位で取引します。1万通貨とは円ドル取引では1万ドルの取引、つまり1ドル100円とすれば100万円の取引ができます。手持ち資金10万円では届かない金額ですが、レバレッジ効果により最大250万円の枠に収まるため10万円でも取引が可能になります。

実際の取引例でみてみましょう。現在の為替相場1ドル111円10銭のとき、これからまだ上がりそうだということで1万通貨買います。これが10銭上がって1ドル111円20銭にあがれば、1万×10銭で1000円の利益になります。逆に10銭下がれば1000円の損です。レバレッジがあるおかげでわずかな値動きでも利益をあげあげることができます。

 

ここで絶対注意しておきたいのが、レバレッジをかけた分利益のみならず損失も膨らみやすいということです。買ったはいいけどそのままほったらかした結果、いつのまにか円高が進んで資産がふっとんでしまうというケースは枚挙にいとまがありません。100万の資産が1か月くらいで消えてしまう(相場の世界では「資産を溶かす」というそうです)話もよく聞きます。またレバレッジが効いている分手元の資産を上回るほどの損失が出る場合もあるため、資産が消えるどころか負債がうまれる悲劇もあります。

 

そうした悲しい事態を避けるためにも必要なのが、「損切り」です。損失が一定額までいけば、そこで決済してしまうのです。自動注文であらかじめこの金額になったら決済するという機能がありますので、始終相場を監視していなくても大丈夫です。僕の場合は期待できる利益に対して、損切りラインはその同等の額かそれ以下に設定しています。損切りラインを決めるときはくれぐれも利益の金額を上回らないところに設定することを心がけたいです(僕も損切りラインを遠くにおいて痛い目をみましたw)。

 

現在の運用状況ですが、7月に始めたときは負け続きでした。500円、あるいは1000円の幅で取引していたのですが負けが込んで5000円の赤字となりました。8月はスタイルを変えて取り組んだところ、今のところは黒字で運用できています。詳しい運用状況はまた改めて公開したいと思います。

 

次回は株式についてお話ししたいと思います。

 

投資はやってみたほうが絶対いいです。金額以上に社会について勉強になる部分が多いからです。レッツ投資!!!!