戦いのシンバル

本屋さんを元気に!書店コンサルタントへと歩みを進めるブログ

FX成績発表☆~8月上半期~

 

FXの運用成績について、発表しようと思いま~す☆元手10万円で始めたFX、8月上半期はどうなったのでしょうか???結果はコチラ↓↓↓

 

f:id:tatakainosinbaru:20180817234059p:plain

 

14,214円の黒字となりました~!やったー!!!

 

このうちの9割くらいは円ドルの組み合わせで稼いだものです。きっかけはとある日に読んだ日経新聞の記事でした。8月は円高になりやすく、過去20年のうち14年が円高に振れたとのことでした。加えて米中貿易摩擦が懸念されている状況であり、ドルは売られやすい状況だろうと考えました。

 

FXでは安いうちに買って高い時に売る、だけではありません。その反対に高い時に売って安い時に売る、ということもできます。円ドルで例えますと、1ドル110円の時にドルを売って、1ドル100円の時に買い戻せば10円の利益を得ることができます。ないものを売るのはイメージしにくいかとは思いますが、FXの会社からドルを借りてそれを売り、あとになって買い戻して会社にドルを返す・・・というイメージならわかりやすいかもしれません。これを「空売り」といいますが、株式よりもFXのほうがこの手法はとりやすく、上昇相場だけではなく下降相場でも使えるところが便利です。

 

8月は円高になる・・・この予想を基に、この「売り」のポジションを取ることにしました。111.20円でエントリーし、108.20円まで下がれば買い、逆に112.20円まで上がってしまっても買いです。勝てば6万円の利益、負ければ2万円の損失という勝負になりました。八月いっぱいかけてポジションを取るつもりでした。

 

予想通りじわじわと円高が進み、一時は2万円の黒字にもなりました。

 

しかしここで予想外の出来事が。トルコのリラが暴落してしまったのです。それにつられてか他の新興国の通貨も価値が下がってきました。こうなると新興国の通貨を売ってドルを買おうとする動きが出てきても不思議ではありません。実際に相場は円安のほうに進み、エントリー時の111.20円を超えて赤字になる時間もありました。

 

僕はもう気が気ではありません(;・∀・)とにかく騒動が収まって黒字になったら決済しようと思いました。すると相場は今度はまた反発してするすると下がり、110.49円まで下がったところで決済しました。12,000円くらいの利益で終わりました。赤字になる場面もあったので、これだけ利益が出せれば御の字だと思います。

 

今日の夜にユーロ市場を見た所、きれいな下落相場を描いていました。ユーロ圏のほうがよりトルコに近く、週末を前にユーロが不安視されたのかなぁとも予測。こちらも売りでポジションを取り、1400円の利益を出しました。

 

やはり長期でポジションを取ると、その間に何が起こるのかわからないので不安があります。かといって一日に何度もエントリーするのは面倒だし・・・。自分にとって最適なトレードの仕方を考えていきたいと思います。