戦いのシンバル

本屋さんを元気に!書店コンサルタントへと歩みを進めるブログ

コワーキングスペースデビュー

今日は初めてコワーキングスペースという所に行きました。フリーランスの人でも働きやすいように、Wi-FiなどのIT関連の設備はもちろん、空間づくりなどにも力を入れているスペースです。こういうのって都会にしかないのかなぁと思っていましたが、我らが茨城県にもちゃんとありました!

 

今回お邪魔したのは、Tsukuba Place Laboというところです。筑波大学のOBや現役学生が中心になって運営しているところです。

 

このコワーキングスペースで最初に気が付いた良さは、安い定食屋さんが隣にあることです!(笑)400円でおなかいっぱい食べられます。知的労働者たるもの(?)、お腹が空いていてはいい仕事はできません。しっかり腹ごしらえしてからオフィスに向かいました。

 

入ってみると、受付のスタッフさんが一人いるだけでした。聞けば筑波大学の大学院生をされているとのことでした。とても気さくな方で、話してみると私とは共通点も多く親しみの持てる方でした。

 

コワーキングスペースには初めて来たのですが、スタッフさんの思い入れが伝わってくる素敵な空間でした。内装はすべてスタッフさんが手がけたとのこと。カラフルな色遣いで見るものを楽しませ、仕事するのが楽しくなってくるような環境でした。Wi-Fiも自宅のものよりも速くて快適に作業できました。

 

お昼ごろに来たのですが、最初はお客さんは僕一人。あとから学生さんと思しき方がひとり来ただけでした。黙々と作業していると、なにやら炒め物のおいしそうな匂いがしてきました。スタッフさんが昼食の支度をしているのでしょう。アットホームな雰囲気のスペースです。

 

今日は主に株式投資について四季報や本を片手にパソコンでいろいろ調べながら作業していました。これといった銘柄はまだ見つけられなかったのですが、集中できるいい時間を持てました。

 

このTsukuba Space Loboのお値段は、一日500円。コワーキングスペースとしてはけっこう安い方だと思います。県内ではコワーキングスペースつくば市にいくつか集中しているようなのですが、ここのコワーキングスペースはとても居心地がよかったので、また利用したいと思います。まずはしっかり稼げるようなお仕事を探さないと!