戦いのシンバル

本屋さんを元気に!書店コンサルタントへと歩みを進めるブログ

人の行く 裏に道あり 花の山 ~株式投資はやめられない!~

個人投資家と名乗っておりFXでは少し利益を出してはいるものの、株式投資ではまだ結果を出していません。株式は銘柄が3000以上あり、どれを選ぶかはなかなか思案のしどころなのです。

 

そんななか、「やっぱり株式投資はやめられないなー」と思う銘柄を見つけました。マザーズに上場している「(株)エクストリーム」という会社です。ゲームやシステム開発の仕事をしている会社なのですが、この会社のこの一カ月の株価の上昇が半端じゃありませんでした。まずはこちらをご覧ください。

f:id:tatakainosinbaru:20180901230320p:plain

 

この会社の月初めの株価は1000円台でした。ところがこの一カ月は急上昇を果たし、現在は約9倍以上の株価をつけています。

 

1か月で9倍!!!!

 

6月発売の四季報を見ますと、5/28時点での株価は1,240円。8月31日市場終了時の株価は11,480円。

 

11,480÷1240=9.25.....。仮にその時点で100株買っていれば、

 

11,480×100-1,240×100=1,024,000

 

1,024,000円の利益!!!

 

しかもたったの1か月で!!!

 

もう働かなくてよくないそれ?(笑)

 

四季報で詳しく見てみると、業績予想記事は「続落」の文字。確かに17年度売上高は前年度よりやや落ちています。しかし今年度の売上高予想は昨年度の1.7倍と強気の数字を出しています。そして八月中に発表された今年度の第一四半期の売上高も前年比を上回っています。実際この会社は4年前を比べると2倍以上の売上高を達成しており、成長力のある会社と言えたのかもしれません。新事業として飲食店等の順番予約サイト「EPARK」の会社を吸収合併しており、こうしたことも市場に好材料と受け入れられたのかもしれません。

 

たらればの話になりますが、四季報をきちんと通読していればこの会社に巡り合えたのかもなぁ、なんて思ってしまいます。四季報の記事横のコメントには「大幅減額」と書いていますが、売上高を見れば3,289→3,261(単位:百万円)と、そんなに大した減額ではないことが分かります。きちんと数字を見ることは、投資を行う上でやはり大事なことなのですね。

 

投資の世界には様々な格言がありますが、その中でも私の好きな言葉があります。それがこの記事のタイトルにもなっている

 

「人の行く 裏に道あり 花の山」

 

です。

 

誰も気が付かないようなところ、なかなか買おうとしないようなところに、宝物は眠っているのです。成長前の株式というのは、常に誰かに発見されるのを待っているような気がします。

 

僕も早くもっと四季報をよく読んで、花の山を思う存分満喫したいものです☆