戦いのシンバル

本屋さんを元気に!書店コンサルタントへと歩みを進めるブログ

田舎フリーランス養成講座@都留~6日目(自宅へ帰る)~

今日と明日は自宅で過ごします。朝は家族とDVDレンタルショップ、薬局、スーパーなどへ出かけました。

 

お昼からは地元のイベントに行きました。諸川(もろかわ)という地区が中心になっているイベントなのですが、その名も「もろフェス」。地区のイベントとしては、なかなか尖った名前です。

 

地元の少年野球チームや行政区の出店がある他、おいしそうなピザ屋さん、ハンバーガー屋さん、そしてトヨタも出店を出しています。子供たちも楽しそう。

 

せっかくいいイベントだったのに、写真を撮ることを忘れてしまいました。僕の発信力もまだまだ未熟です(;・∀・)

 

あいにくお昼からは雨がぱらついてきたので、早めに戻ることに。息子と鬼ごっこやトスバッティング、自転車で遊びました。

 

すると、頭の中にするすると仕事の新しいアイディアが生まれてきます。自分でもびっくりしました。

 

「革新的な発明は、童心に帰って遊ぶことから生まれる。」

 

このような言葉があります。まさに僕の場合もその通りでした。こうしたら喜ばれるかな、こうしたら発信力を高められるかな、いろんな気持ちがあふれ出てきます。

 

地元に帰ってよかった。本気でそう思いました。いなフリは最高なのですが、休日まで過ごすには僕にはまだ荷が重すぎるみたいです。かえってこういうふうに子どもと遊んだほうが、仕事のアイディアが生まれてきて自分には効果的なようです。

 

子どもたちが寝静まった9時過ぎ。仕事を始めるべくパソコンを開けると、ふたたびクライアントからメールが。昨日納品したクライアントです。

 

「今回はお断りします。」

 

・・・・・

また断られた!

 

テストライティングで2回連続して落ちる!こんなことってあるでしょうか???そんなに自分のスキルが足りないということ???

 

もうすでに一度断られた経験からか、前回ほどの落ち込みはありませんでした。でも落ち込みはします。けど前に進むしかないのです。

 

jin115.com

漫画家さんのほうがよほど努力しているし、ボツになったときの絶望感が半端ないです。自分はまだまだ。精進精進。

 

これからは記事書いたら講師さんに見せようと思います。納品時に講師さんのお墨付きを得れば、たとえ断られても「運が悪かった」ですませられます。頼れる人は頼り倒すのです。