戦いのシンバル

本屋さんを元気に!書店コンサルタントへと歩みを進めるブログ

田舎フリーランス養成講座@都留~7日目(自宅)~

昨日は自宅のパソコンの前にあるソファで寝落ち。今日の朝は10時ごろのんびり起きました。

 

起きると、息子から早速「パパ、ポケモンgo連れてって」とリクエストが。息子と二人で隣町までポケモンハンティングに出発です。

 

隣町のショッピングモールで、本をたくさん買いました。沈む心を回復するため、癒し系の本を何冊か買いました。いずれこのブログでも書評とかしていきたいものです。

 

お昼に家に帰り着き、家族でお蕎麦を食べました。やっぱり家族でご飯を食べるのは落ち着きます。

 

午後からは子どもたちはDVDを見て、妻は昼寝して、僕はいなふりで得たことの振り返りをしていました。

 

あと食事当番のタスク管理をしました。少人数で25人分ものご飯をつくらないといけないので、これがなかなか大変なのです。少しでも仕事の時間を確保すべく、ここは工程と役割分担を細かく設定しました。役に立つといいです。

 

一方で子供もDVDを見るのに飽きてきて、「パパー、鬼ごっこしようよー」とのリクエストが。子供は当然こちらの都合はおかまいなしです(笑)ちょうどこのタスク管理が終盤を迎えた所なので、もうひとがんばりしたいところ。そこで僕から息子に提案しました。

 

「よしわかった。でもパパもう少しお仕事したいから、あの時計の長い針が12になったら公園に行って鬼ごっこしようか?

 

「うん、わかった!」

 

息子も小学一年生になり、時間の概念が少しずつわかってきたようで助かりました。時々時計を見に来ては、「ああ、まだかー」などと言いながら待ってくれています。息子のリクエストに応えるべく、僕の仕事も全速前進です。

 

3時ちょうどになり「パパー、長い針が12になったよ!」という掛け声と同時に、僕の仕事も一段落。息子と娘を連れて公園に行って鬼ごっこを存分に楽しみました。

 

鬼ごっこをしている間にも、童心に帰った僕の心から新しい仕事のアイディアがどんどん溢れてきています。時には鬼ごっこの足を止めて考え込んでしまうこともしばしば。「パパー、遅いよー」との声で我に返ります(笑)

 

4時ごろ家に帰ると、隣の家の男の子が待っていました。どうやら息子たちと遊びたい様子。鬼ごっこ2回戦です(笑)子供は疲れ知らずでほんと参ります。でもその分アイディアもどんどん湧いてきます。

 

鬼ごっこで一息ついて、ユーチューブの話になりました。みんなで動画を取ろうという話に流れていきました。

 

「○○君ならどういう動画撮りたい?」

 

「体育館で野球する動画!」

 

体育館で野球???さすが子ども、発想が柔軟です。確かに体育館で野球をやっていけない道理はありません。柔らかいボールを使えば、壁などを傷つけないしボールを捕るのも楽そうです。一考の価値があります。○○君ありがとう。

 

夕飯を食べてお風呂に入って、再度山梨に出発です。妻と家族たちが外まで見送ってくれます。大好きな家族、パパはがんばってくるよ。

 

途中の談合坂サービスエリアのトイレに貼ってあった、眠気覚ましのストレッチ。パソコン仕事の僕にも効果がありそうです。

 

また明日からいなふりが始まります。多くの学びが得られるように取り組んでいきます。